FIREを目指す前にプチFIREをするべき【やり方】

「仕事したくないな」

「もっと好きなことをして暮らしたい」

 

そんな悩みを持って生活している人は多い。

本当に仕事が好きならそんなことは思わない。

僕も含めて本当に好きで仕事をしている人は多くない。

 

そんな時ふとある言葉を思い出しました。

 

「FIRE」

 

最近ネットニュースなどでよく出てくる言葉です。

 

「あ、俺もFIREしてみようかな」

 

FIREとは何なのかを含めて僕がFIREを目指してみようと思ったことについてお話しします。

 

 

FIREとは?

 FIREとは「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとった言葉。

 日本語に直すと「経済的自立と早期リタイア」となります。

 

FIREは元々欧米を中心に世界で流行している新しい生活スタイルです。

そして日本にも若い世代を中心にFIREへの関心が高まっている傾向がある。

僕もそのうちの1人です。

 

FIREするための条件

一般的には年間で必要となる生活費の25倍の資金を確保しなければいけない。

 

例えば1ヶ月必要な生活費が20万の場合で説明します。

20万円 × 12ヶ月 = 年間240万円
240万円 × 25倍 = 6千万円

 

FIREするためには6千万円の資金を確保しなければいけない計算となる。

 

そして築いた資産を「4%ルール」というもので運用していくと働かなくても生活していける。

6千万円 × 4% = 240万円

 

 

FIREしてみようと思った理由

FIREするとは言っても先ほど説明したように生涯かけて稼ぐお金を人生の10年〜20年で稼ぐというのは現実的に厳しい話です。

 

そこで僕は「好きな仕事をして豊かに暮らす」ことなら完璧なFIREではなくてもできると考えました。

 

「よし、プチFIREしよう」

 

心の中で決断しました。

プチFIREとは、好きな仕事をしてストレスなく充実した私生活を送る生活スタイル。

 

ちなみにプチFIREは僕が勝手につけた名前です。



僕は仕事をすることは嫌いではありません。

ただ好きでもない仕事を20年も30年も続けるのはつまらないし人生がもったいない。

 

人生はたった1度きり。

だったら好きなことをして生きていきたいと考えました。

 

誰もが思うことかもしれませんが、僕自身は本気でやってやろうと決心しました。

 

プチFIREの定義

プチFIREを「好きな仕事をしてストレスなく充実した私生活を送る生活スタイル」と定義したが、僕がイメージしているプチFIREは以下の通り。

・好きなことを仕事にする。
・好きな時間に仕事ができる。
・好きな場所で仕事ができる。
・時間に縛られない。
・家族や友人と過ごす時間がある。
・いつでも仕事を休める。
・お金に困らない生活をする。

 

以上のことが実現することができれば、プチFIREできたことにする。

 

プチFIREするための方法

プチFIREをするためにはどうすればいいかを簡単に紹介。

あくまで僕が考えている方法であり、同じことをしても成功するとは限りません。

・いらないものを捨てる。
・本当に必要なものだけを買う
・給料の10%〜15%を貯金する。
・節約を心がける。
・SNSを強化する。
・副業に力を入れる。
・メモで思考を整理する。
・夢と現実のGAPを認識する。
・仕事も本気で頑張る。
・時間を大切にする。
・アウトプットをする。
・読書をする。

 

簡単に書いたが、最低限これくらいやらないとプチFIREは難しい。

やり切ります。

 

プチFIREするために読んだ本の紹介

プチFIREしようと思った時の読んだ本の紹介をします。

僕が読んだ本は「日本版FIRE」

 

FIREとは何かはもちろん、FIREするための手順や落とし穴がわかりやすく解説されている。

スラスラ読める。抜粋して読めば1時間もかからないのでオススメです。

めちゃくちゃ面白かった。

 

個人的に「日本版FIRE」で好きな部分を抜粋して紹介します。

 

”「働きがい」というのは人生の生きがいの中で意外と大きな要素であり、無視できるものではありません。

経済的な安定を獲得し、精神的な自由を手にした先で、純粋に「働きがい」を探せるのなら、それもまたFIREのひとつの形と言える。”

 

”FIREの夢を実現するためにもっとも大事なことは「第一歩」を踏み出すことです。

資産形成において、いちばん重要なことは何か、と聞かれると多くの人が運用収益の高い商品を選ぶことと回答します。

しかしそれは間違いです。どんなにたくさん読書をしても、どんなにたくさん株価の分析をしても、あなたの資産残高が増えることは1円もありません。

それよりも大事なことは「行動」です。”

 

”最初から小さい目標にしてしまうのももったいないところです。

本書では確実に実現可能な夢として「プチFIRE」、つまり標準的なリタイアよりも5年早い引退を確実に実現することを目指しますが、FIREを目指す人が最初にみる夢はもっと大きくてもかまいません。

むしろ大きな夢を持つことで、仕事で稼いだり、日々の節約に取り組むモチベーションも生まれてきます。

ただ「仕事を辞める」ではなく、「たくさんある時間で何をするか」具体的なイメージを持てる人ほど、FIREに向けて辛い日々を乗り越えられる。”