Amazon Kindle Unlimitedは最強の自己投資【メリットデメリット】

どうも、TOMOです!

いきなりですが、自己投資をするなら本を読むのが効率がオススメです。

・筆者の考え方や価値観、教訓を短時間で知ることができる。
・学んだことを行動に移すことで、最短で成果を出すことができる。

 

とは言え、読書が苦手な方はこんな思いをしいると思います。

 

「読むのに時間がかかる」

「文字だけの本を読んでもつまらない」

 

それは、読むべき部分、本の内容を理解していないことが多いです。

 

例えば、あなたの好きな趣味だって最初から面白いともって始めたわけではないです。

内容やルールなど本質的な部分を理解してるから面白く感じ趣味となります。

 

本も同じで、何となく読むより、あなたが「何について知りたいか」「学んで何をしたいか」を理解しながら本を読むと、今よりグッと本を読むのが楽しくなります。

そして、理解して行動することで自己投資として成長することができます。

 

ただ、本を購入するとなってもいくつか悩みが出てきます。

・本をたくさん買えない。
・本選びに失敗したくない。
・最後まで読まなかったらどうしよう。

 

そんな悩みを解決してくれるのが、アマゾンの「Kindle Unlimited」です

 

月額払うだけで、本が何冊でも読み放題。

漫画や雑誌、小説、自己啓発などいろんなジャンルの本を読むことができます。

自己投資をするにはうってつけのサービスです。

 

今回はそのアマゾン「Kindle Unlimited」のメリットデメリットについて解説していきます。

 

 

 Amazon Kindle Unlimitedのデメリットとは?

先にAmazon Kindle Unlimitedのデメリットをお伝えします。

・本当に読みたい本がわからなくなる。
・一般人が書いた本がある。
・毎月お金がかかる。

それぞれ詳しく説明していきます。

 

本当に読みたい本がわからなくなる

読み放題になるとたくさんの本を読むことができますが、裏を返すと本当に読みたい本がわからなくなることです。

 

いろんな本を読むことでより深い知識をインプットできるメリットがありますが、本当に読みたい本がわからなくなります。

 

「自分は何を知りたいか?」を意識しながら本を選ぶようにしましょう。

 

一般人が書いた本がある

有名作家や専門家の方が書いた本は説得力があり、書いてある内容の根拠がしっかりしています。

 

実はAmazon Kindle Unlimitedは一般人が書いた本も出されています。

 

インフルエンサーが書いていれば、普通の会社員や主婦、学生が書いた本もあります。

全部とは言い切れませんが中には信憑性や質が低い本があります。

 

時間を使って本を読むなら、根拠がしっかりとした本を読んだ方がいいです。

時間を無駄にするのはもったいない。

読む本は慎重に選びましょう。

 

毎月お金がかかる。時には余計に払う

 

本を毎日読む人ならかなりお得なサービスです。しかし、たまに本を読む人は損をする可能性が高いです。

 

 Amazon Kindle Unlimitedは月額1,000円です。

 

Kindle Unlimitedの画像

例えば、読んだ本が576円(Kindle価格)だった場合、424円損をすることになります。

月1冊しか読まない人が500円の本を読んだ場合、500円損します。

 

時には余計にお金を払う

 正直な話、仕方がない話です。

Amazon Kindle Unlimitedは全ての本が読み放題ではありません。

人気の本は別途購入しないと読めないことが多いです。

Kindle Unlimitedの画像

 

読めない本を読みたくて別途購入した場合、本の価格+Kindle Unlimitedの月額1,000円がプラスで出費となります。

 

僕も経験したことがあります。

インプットしたかったので損した気分はしませんでしたが。

 

Amazon Kindle Unlimitedのメリットは?

Amazon Kindle Unlimitedはデメリット以外にメリットもあります。

・読み放題。いろんなジャンルの本を読むことができる。
・ Amazon Kindle Unlimitedなら本が増えない。
・Amazon Kindle Unlimitedならどこでも読める。
・Amazon Kindle Unlimitedの機能が素晴らしい。

それぞれ詳しく説明していきます。

 

読み放題。いろんなジャンルの本を読むことができる。

1冊だけでは不足している内容があったりする。

同じジャンルの本を複数読むことで違った視点で知識を学ぶことができ、より質の高いインプットができる。3〜5冊くらい読むのがオススメ。

 

Amazon Kindle Unlimitedなら本が増えない。

電子だと読書した気分にならないと言う人がたまにいます。

僕もどちらかというと実際に本を手に取って読みたい派です。確かに読んだ気になります。

 

知識をインプットするだけなら電子、本どちらでもいいと言うのが僕の答え。

 

電子であれば本を何冊も持ち運ぶ必要がないし、家に本の山積みができない。そして部屋を広く使える。

プチミニマリストである僕には最高のアイテム。

 

コスパが最強すぎる。

Amazon Kindle Unlimitedはたったの1,000円払うだけで、1,500〜2,000円する自己啓発や小説などが全て読み放題。

本を読む習慣がない人でも、その時興味がある本が1,500円だとしたら、月額1,000円で読めちゃうわけです。

 

下の画像の場合、Kindle、単行本どちらの価格も1,000円以上します。

Kindle Unlimitedなら1,000円で読むことができます。

Kindle Unlimitedの画像

 

ただし、全ての本を読めるわけではない。

 

特に人気の本は読めないことの方が多い。

しかしセールだったり期間限定で人気の本を読めることがある。かなり得した気分になる。

 

 AmazonKindle Unlimitedならどこでも読める。

電子ならではのメリットと言えます。

 

本だと持ち運ぶ必要があったり、電車や新幹線、カフェなどで読むのはなんとなく気が引ける。

しかしAmazon Kindle Unlimitedなら、タブレットやスマホで読むことができる。

 

街中でスマホやタブレットを見ている人が多いはずです。

そして誰も気にならないはずです。

コンパクトでどこでも読めるのは本にはない強みです。

 

 Amazon Kindle Unlimitedの機能が素晴らしい。

 Kindle Unlimitedには以下の機能があります。

・マーカー
・メモ
・ブックマーク
・文字検索
・フォント、レイアウト変更

 

Kindleの機能紹介

たくさん機能があって最高です。

 

とはいえ、本に付箋をはったり線を引いたりしたほうが記憶に定着しやすかったりします。

そういう意味では僕もデジタルよりアナログ派です。

 

ただ、使っていると慣れてきます。また、僕は大事な部分があればA4用紙にメモしています。

デジタルとアナログを使い分けています。2つの良い部分を使うことで、効率よくインプットすることができます。

 

どうせ入るならAmazonKindleUnlimitedがオススメ

Kindle Unlimitedの画像

500円のAmazon primeでも「プライムreading」対象の本なら読み放題です。

しかし読める本の幅がかなり狭いです。

 

僕も最初は500円の読み放題を利用していました。amazonprimeなら500円で音楽が聴けたり、配達が無料になったりいろんなサービスがありますが所詮500円です。

 

当時読みたい本が読めないことに、かなりストレスを感じていました。 

 

あるとき決断しました。

どうせ本を読むならストレスなく本を読んで正しくインプットをしようと。

そしてKindleからKindle Unlimitedに変更しました。

 

もう、最高。

 

読める本がめちゃくちゃ増えました。

それから、僕は本を読むことが楽しくなりました。

Kindle Unlimitedにして本当によかったと思ってます。

 

それで抵抗あるなら Amazonprimeのサービス「プライムreading」から始めよう

Amazon prime readingの画像


いきなりKindle Unlimitedは抵抗があるはずです。なので Amazon primeの「プライムreading」から始めてみましょう。

Amazon primeの公式サイトへ

 

プライムreadingなら映画見放題、音楽聴き放題、配達送料無料などのサービスを利用することができます。月500円を1日に換算すると1日約16円。もやしより安い値段です。

 

そして、本で本当にインプットをしたいと思ったらKindle Unlimitedに加入しましょう。

 

 

Copyright© TOMO-BLOG , 2022 All Rights Reserved.