プチミニマリストになると決意した理由とやったこと

今回はプチミニマリストになろうと思ったことをお話しします。

 

プチミニマリストとは何?

 

・ミニマリスト
私生活に置いて極限に不要な物を減らして暮らす人たちのこと

・プチミニマリスト
ミニマリストよりもハードルを下げたミニマリストのこと。

 

いきなりミニマリストになろうとしても、ハードルが高すぎて挫折しかねないため、まずはプチミニマリストになろうと決断。

 

プチミニマリストになろうと思った理由

僕自身がプチミニマリストになろうと思った理由は以下の4つ。

・無駄なものを買ってしまう。
・貯めたお金で自己投資をする。
・余ったエネルギーを他に活かす。
・余計なものを持つと集中力が分散する。

 

僕は仕事だけではなく、副業にも力を入れて収入を増やす。さらに、無駄なモノを捨てて買うものを減らすことで、投資できるお金を確保できる。

 

そうすれば、今よりも余裕がある生活ができると感じた。

やるべきことに集中をして結果を出さなければいけない、結果を出すためには本気で取り組む必要がある。

 

そして結果を出すためには今の環境を変えないとダメ。

 

プチミニマリストとして実際に捨てたりやめたもの

まずは簡単なことから始める。

迷うものはすぐには捨てずに、とりあえず全く使っていないようなものを捨てた。

実際に捨てたりやめたモノは以下の4つ。

・読んでいないマンガ
・遊んでいないゲーム
・1年以上着ていない服
・サブスク

特にサブスクに関しては複数契約していたものの、利用する頻度が少なかった。

 

これらは「本当に必要か?」に対して「無くても困らない」と判断して解約した。

 

・画像作成ツール 年間12,000円
・コミック系サブスク 年間12,000円
・SNS系サブスク 年間12,000円

 

以上のサブスクは辞めるだけで年間合計36,000円、月3,000円も節約できることに成功。

仮に不便になったり、使いたくなったらまた始めればいい。それまで使わない。

 

プチミニマリストになるために参考にした本の紹介

ミニマリストとして参考にする本を紹介します。

「月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト整理術」

 

なぜ捨てられないか?捨てるための考え方とは?などミニマリストになるための方法がかなり細かく書かれている本です。

ただ物を捨てるだけではなく、人生の生き方、考え方についても書かれています。

また筆者がミニマリストとして本当に必要なものを紹介しています。読んでて「自分でもすぐに実践できそう!」思わせるくらいわかりやすく書いていました。

 

とても面白かったです。

そこで、読んで好きな部分を抜粋で紹介します。

日々の生活の中で、整理整頓することや片付けること、使ったモノを収納することは、本当にあなたの人生にとって大事なことなんでしょうか?

「やりたいこと」ですか?
「好きなこと」ですか?

部屋が散らかるのが嫌だから、仕方なくやっている方がほとんどだと思います。

だから本来、片付ける時間や整理整頓の時間は、僕たち人間にとってなんの生産性もない意味のない行為です。

そして、お部屋を散らかさないために、徹底的にモノを減らして欲しいのです。



備品やストック、「いつか」「念の為」「もったいない」と思って残してあるモノが、必要以上に残っていませんか?

僕は、そこに頭を悩ませるよりも、大事なことがあるように思うのです。

将来に不安はないですか?
家族を大切にしてますか?
あなたが人生で最も叶えたい夢はなんですか?

僕は、そこに注力するために時間とお金とエネルギーを注ぐべきと考えています。

 

節約すること自体が目的となってしまうと、買う理由が「安いから」になってしまいます。

必要かどうかを見極めるためには、「使う」か「使わない」、または機能性で選ぶことをオススメします。